レイトレ合宿6Ω

Share

こんにちわ。
Pocolです。

明日からレイトレ合宿6です。
今年の開催地は神津島ということで,ワクワクしています。

合宿終了後にレポートを上げる予定なので,
楽しみにしていてください。

毎年忘れるので

Share

レイトレ合宿の季節ですね。
毎年,提出する際にDLLの同梱を忘れて実行できないことが多々あるので,忘れないようにメモっておこうと思います。

基本的にDependency Walkerで依存を見つけておきます。
次に,動作確認ですが自分の場合はまっさらなマシンで確認します。
さすがに物理マシンを用意するのは面倒なので,仮想PCを用意してWindowsをインストールした直後の状態で起動するかどうかチェックしています。

今回ハマったのは,dllを持ってくる場所。
最初はWindows/SystemWow64あたりから持ってきていたんですが,どうも起動しない。
ググってみたところ,VC直下から持ってこないとダメっぽいです。

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\redist\x64\Microsoft.VC140.CRT
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\redist\x64\Microsoft.VC140.OpenMP

からDLLを持ってきたところ正常に起動するようになりました。

起動に必要だったのは
msvcp140.dll
vcomp140.dll
vcruntime140.dll
の3つでした。

来年からは実行の際に忘れないように…。

私的メモ 8/2

Share

<A3Dのバージョンアップ(予定)>
 APIの仕様変更
  ・DescriptorSetの廃止
  ・ブレンド周りの設計ミスの修正
  ・UnorderedAccessViewの追加・StorageViewの廃止
  ・ICommandListにSetConstantBuffer()を追加
  ・ICommandListにSetTextureView()を追加
  ・ICommandListにSetUnorderedAccessView()を追加。
  ・ShaderAPIをHLSLに統一
  ・独自シェーダバイナリの策定
  ・IShaderReflectionインタフェースの追加
  ・遅延リソース破棄の実装
  ・BufferDescとTextureDescのメンバーを変更。
  ・各コンソール用に継承コマンドリストを追加。
  ・シェーダコンバーターの作成
  ・MetalAPIのサポート
  ・リターンコード列挙体の追加
  ・サンプルを整備
  ・NX版Vulkanのサポート廃止