レイトレ合宿に行ってきます。

Share

今年もやってまいりました。
そうです,レイトレ合宿です。

今日・明日と2日間参加してきます。
今年は作品と呼べるものは作れなかった。
今年の失敗を忘れないようにメモとして残しておこうと思う。

そもそも,レイトレに関しての知識がゼロに等しいので,
去年まで作ってきたプログラムはバグが多く,今年は捨てて来年に向けたベースコードを作成することにした。

…でも提出3日前で下記のような状態。

何も表示されなくなって,かなり焦る。
原因はわかっているので,そのまま放置して実装を進める。

あと今年の提出2週間前のテストで,起動できない問題にハマった。たぶんDLLが問題。
OpenMP使っているとdllとか必要になるらしいので,脱OpenMP化した。

これで絵がでるはず!

…と思って,試しにレンダリングさせてみる。
何か絵は出たが,どうもおかしい。その時の描画結果が下図。

OpenMPの時はグローバル変数で参照していたのだが,流石にまずいだろうと思ってスレッドごとに別データにするようにしたら,上記のようなバグが出た。
で,上にも書いてある通りに乱数の更新をしないため,ずっと同じ値を参照していたようで変な結果になっていた。
乱数更新を計算後に入れ忘れていたので,更新するようにしたら解決。焦る焦る。

この時点で,まだメッシュは未対応。これが提出前日です。
ヤバい感じが出てきたので,そろそろメッシュを表示しようと思って対応を始める。
メッシュフォーマットを大きく変えるとめんっどちいので,昨年まで使っていたやつに修正を加えて,表示を試みる。

絵が出た!

よくみると,ちゃんと表示されている。
…が,たぶん普通の人には分からないだろうと思って,ネタとして投稿した。
ご覧のように,全く最適なしていないため計算がゲロ重くてレイが全然飛ばない。
結局前日は,BVHを8割ぐらい実装したところで,力尽きて寝た。

提出当日。
実家から自宅に帰る前にBVHを実装。いざ実行!

「…スタックオーバーフローだってさ」

またもや,バグる。
あぁもう!!なんで~

デバッグ時間が取れないまま実家を後にして,自宅に向かう。
移動時間で2時間をロス。
夜飯を買いに行く時間が無いと思ったので,帰り際にコンビニで昼食と夕食を購入し,自宅に到着。
BVHのデバッグを開始。

「うん!さっぱりわからない…」

時間をものすごく使いそうだったので,SAHの実装は諦め中間分割の実装に切り替え。こっちのほうが実装楽だし,時間が無いということで。
で,ようやくBVHが入る。

メッシュの位置を直すのもめんどいので,そのまま。
実装終えたところで,もう時間が5時間を切っている。
ここから,QBVHの実装に入る。
QBVHは一度躓いているので,サクッと実装できた。
で,実行してみると…

「なんか,普通のBVHよりも遅い」

以前実装したときは,BVHよりも確実に速かったのだが,どうも体感的に何も感じない。
で, またバグっていた。衝突判定の実装ミス。
無駄な計算をかなりやっているコードになっていた。焦ってコード書くとろくなことにならないね。皆さん落ち着いて書きましょう。
直したところで,実行。
時間計測するコードを書く時間も惜しいので,レンダリング画像を目視して確認。とりあえず,速くなっているっポイ。
続いて,OBVHの実装に移る。
こちらも,すんなり終わるかと思いきや…。

「なぜかビルドエラーが出る」

なんか,_mm256_cvtss_f32() が無いって怒られる。なぜだ?clangのドキュメントには書いてあるのに。
残り時間も3時間ぐらいになってきたので,ネットの情報を元に自前で関数追加してビルドエラーに対処。
自宅のメインPCがAVXサポートしていないので,サブに使っているノートPCで動作チェック。
とりあえず,絵は出るっポイ。

ここで,残り時間が2時間。
流石に,IBLをMISを入れるのは無理と判断。
最終レンダリング用のアセットをここから探し始める。一応,用意していたアセットはあるんだけども,あんまり見栄えしないのでボツにした。
で,もう時間もなく探している時間もないので適当に基本形状を配置することに。

プログラムが起動できない問題が解決できていないので,ようやくチェックすることに。

Visual Studioでexe起動時にログ出力されるdllを取り合えず片っ端から,batでコピーして実行ファイルに同梱してみたのだが,上の結果。
とりあえず,エラーを再現するために,Virtual BoxにWindows 7をインストール。
VirtualBoxで動作させてみたら,案の定同じエラーが出た。
で,結局DLLが問題っぽいので,DLLを使わないようにVCのビルド設定で「マルチスレッドDLL」になっている設定を「マルチスレッド」に変更して,軌道を試みる。

「お、出た」

これで,めでたく起動した!
この時点で,残り時間が既に1時間を切っている。

流石にそろそろzip用意しないとまずいので,提出用スライドの作成に入る。
前日に力尽きて寝る前に,色々とページ作っていたけど時間が無いし,今年は負け戦なのでアピールするべきことも無いのでバッサリ省略。
スライド作成中にレンダリングをさせておいて,最新のレンダリング画像を添付。

exeの起動を確認して,急いでzipに固めて提出。
残り時間20分。

レンダリング画像を見ると,やっぱり背景がどうも気に入らないので
HDR画像を差し替えて,シーンファイルも更新。
起動して,1枚目の画像が出力されるところまで確認して,大慌てでzip化して再び提出。

残り4分だった。

来年はこういうことが無いように,ちゃんと準備したい。

上記で書いた以外にも,画像サイズを変えると描画結果がおかしくなるバグとか色々とあって,
そのあたり直したので,来年はもう少しまともなレンダリングで出来るはず

…であってほしいなぁ。