超雑訳 Real-Time Rendering of Plant Leaves

Share

こんにちわ。
今日は,
[Wang 2005] Lifeng Wang, Wenle Wang, Julie Dorsey, Xu Yang, Baining Guo, Heung-Yeung Shum, “Real-Time Rendering of Plant Leaves”, SIGGRAPH 2005, July 2005, pp.712-719.
を読んでみようと思います。
いつもながら誤字・誤訳があるかと思いますので,ご指摘頂ける場合は正しい翻訳例と共に指摘していただけると幸いです。
(さらに…)

超雑訳 Physically Based Real-Time Translucency for Leaves

Share

こんにちわ。Pocolです。
今日は,
[Hable 2007] Ralf Hable, Alexander Kustering, Michael Wimmer, “Physically Based Real-Time Translucency for Leaves”, EGSR’07: Proceedings of the 18th Eurographics conference on Rendering Techniques, June 2007, pp.253–263
を読んでみようと思います。
いつもながら誤字・誤訳があるかと思いますので,ご指摘頂ける場合は正しい翻訳例と共に指摘して頂けると有難いです。

(さらに…)

超雑訳 Surface Simplification Using Quadric Error Metrics

Share

ども。Pocolです。
今日は,
[Garland 1997] Michael Garland, Paul S.Heckbert, “Surface Simplification Using Quadric Error Metrics”, SIGGRAPH 1997, pp.209-216.
を読んでみようと思います。
いつもながら誤字・誤訳があるかと思いますので,ご指摘頂ける場合は正しい翻訳例と共に指摘して頂けるとありがたいです。

(さらに…)

なねぃと調査(2)

Share

こんにちわ。Pocolです。
今日は,先日発表された
[Karis 2021] Brian Karis, Rune Stubbe, Graham Wihlidal, “Nanite A Deep Dive”, SIGGRAPH 2021 Advances in Real-Time Rendering in Games Course.
の資料を読んでみようと思います。
いつもながら誤字・誤訳があるかと思いますので,ご指摘頂ける場合は正しい翻訳例と共に指摘して頂けるとありがたいです。
また,図はすべて[Karis 2021]から引用しています。

(さらに…)

超雑訳 A Fast and Stable Feature-Aware Motion Blur Filter

Share

押忍!Pocolです。
今日は,前回読んだ論文の改良版である
[Guertin 2014] Jean-Philippe Guertin, Morgan McGuire, Derek Nowrouzezahari, “A Fast and Stable Feature-Aware Motion Blur Filter”, HPG 2014, Vol.33, No.2, 2014.
を読んでみようと思います。

いつもながら,誤字・誤訳があるかと思いますので,ご指摘頂ける場合は正しい翻訳例と共に指摘して頂けるとありがたいです。

(さらに…)

超雑訳 Supplemental Material – Physically-Based Real-Time Lens Flare Rendering

Share

こんるるー。Pocoldです。
今日は,前回読んだ[Hulin 2011a]のサプリメンタルマテリアルである[Hulin 2011b]を読むことにします。

[Hullin 2011a] Matthias Hullin, Elmar Eisemann, Hans-Peter Seidel, Sungkil Lee, “Physically-Based Real-Time Lens Flare Redering”, SIGGPRAH 2011, No.108, pp.1-10.
[Hullin 2011b] Matthias Hullin, Elmar Eisemann, Hans-Peter Seidel, Sungkil Lee, “Supplemental Material – Physically Based Rea-Time Lens Flare Rendering”, SIGGRAPH 2011.

いつもながら誤字・誤訳があるかと思いますので,ご指摘頂ける場合は正しい翻訳例と共に指摘して頂けるとありがたいです。

(さらに…)

超雑訳 Physically-Based Real-Time Lens Flare Rendering

Share

わふー。Pocolです。
twitterみてたら,
Physically-Based Real-Time Lens Flare Renderingの特許が切れていると話題を見て,
https://patents.google.com/patent/US20140210844A1/enを見てみたら,確かに
Abandonedとなっていたので,ちょっと実装する気が湧いてきたので,まずは論文を読むことにしました。

[Hullin 2011] Matthias Hullin, Elmar Eisemann, Hans-Peter Seidel, Sungkil Lee, “Physically-Based Real-Time Lens Flare Redering”, SIGGPRAH 2011, No.108, pp.1-10.

いつもながら、誤字・誤訳があるかと思いますので,ご指摘頂ける場合は正しい翻訳例と共に指摘して頂けるとありがたいです。

(さらに…)

超雑訳 Physically-Accurate Fur Reflectance: Modeling, Measurement and Rendering

Share

わふー。Pocolです。
今日は,[Yan 2015] Ling-Qi Yan, Chi-Wei Tseng, Henrik Wann Jensen, Ravi Ramamoorithi, “Physically-Accurate Fur Reflectance: Modeling, Measurement and Rendering”, ACM Transaction on Graphics, Vol.34, Issue 6, November 2015.
を読んでみることにします。

いつもながら,誤字・誤訳があるかと思いますので,ご指摘頂ける場合は正しい翻訳例と共に指摘して頂けるとありがたいです。

(さらに…)

超雑訳 A Practical and Controllable Hair and Fur Model for Production Path Tracing

Share

こんばんわんわん。Pocolです。
今日は,[Chiang 2016]Matt Jen-Yuan Chiang, Benedikt Bitterli, Chuck Tappan, Brent Burley, “A Practical and Controllable Hair and Fur Model for Production Path Tracing”, Computer Graphics forum, Vol.35, Issue.2, pp.275-283, 2016.
を読んでみようと思います。
いつもながら、誤字・誤訳が多々あるかと思いますので,ご指摘頂ける場合は正しい翻訳例と共に指摘して頂けるとありがたいです。

(さらに…)